Топ-100
Back

ⓘ 地理 - 地理, 地理学, 生物地理学, 地理学史, 生物地理区, 経済地理学 ..




                                               

地理

地理 (ちり、英: Geography) 雑誌の名称 → 地理 雑誌 地球上の山・川・海・陸・気候・生物・人口・集落・産業・交通・政治などの状態。 地理学のこと。→地理学 日本の学校で教えられている科目としての地理。→地理 科目、地理歴史 土地の状態・様子や事情。 「地理」という表現は古くからあり、有名なところでは漢書の『 地理志 』がある。

                                               

地理学

地理学 (ちりがく、英: geography 、仏: géographie 、伊:geografia、独: Geographie または Erdkunde )は、 空間ならびに自然と、経済・社会・文化等との関係を対象とする学問の分野 。地域や空間、場所、自然環境という物理的存在を対象の中に含むことから、人文科学、社会科学、自然科学のいずれの性格も有する。広範な領域を網羅する。また「地理学と哲学は諸科学の母」と称される。 元来は農耕や戦争、統治のため、各地の情報を調査しまとめるための研究領域として成立した。

                                               

生物地理学

生物地理学 (せいぶつちりがく、英語:biogeography、biological geography)は、地球上の生物の分布や生態系について、地理空間や地質年代との関係を研究する自然科学の一部門である。 個体群や生物群集は、地理的勾配(緯度、高度、空間的な隔離、生息環境)にしたがって異なる適応が観察され、地理的勾配に依存した強い規則性を持っている。 私たちヒトの初期の祖先が、自然地理を予測し、異なる様々な環境に適応してきたように、生物の数や種類の空間的変化を知ることは極めて重要である。 生物地理学は生態学、進化生物学、地質学、自然地理学の概念や情報を統合した、学際的な探求分野である。 扱う対象によって動物地理学・植物地理 ...

                                               

地理学史

地理学史 (ちりがくし)は、地理学の一部門で、地理学の発達の歴史、学説史の検討、地理学者の研究などを行う分野である。近接している地理学思想などもこの分野に含めることも多い。地理学の本質の部分を論じるので、地理学の基礎分野ともみなされている。内容によって以下のように細分化できる。またこの分野の内容は捉え方によって色々な見方ができる分野でもある。 地理学そのものの歴史については、本項ではなく地理学の歴史を参照のこと。

                                               

生物地理区

生物地理区 (せいぶつちりく、Ecozone / Biogeographical Region)とは、地球上の地理区分のひとつ。生物の分布をとらえて、地理区分を行ったものである。従来の 動物地理区 および 植物地理区 を元に、世界を8つの地理区分をしたもの。

                                               

経済地理学

経済地理学 (けいざいちりがく、英: economic geography )は、経済諸活動の分布や空間的差異、空間的相互作用を対象とする学問分野である。経済学と地理学の両方に関連し、両方からのアプローチがある。農業・製造業・商業・金融業・観光業など諸産業の立地や集積の形成、財の流通・分配における空間的流動、消費局面における空間的差異などが、おもな研究課題となるが、これに対するアプローチには多様なものがある。