Топ-100
Back

ⓘ 理学 - 理学, 薬理学, 理学研究科, 学士(理学), 博士(理学), 京都大学大学院理学研究科・理学部 ..




                                               

理学

理学 (りがく)の持つさまざまな概念のうち、主要なものについて解説する。

                                               

薬理学

薬理学 (やくりがく、英: Pharmacology )は生体内外の物質と生体の相互作用を、種々の研究方法により個体、臓器、組織、細胞、分子のレベルを貫いて総合的に研究し、さらに創薬・育薬などの薬物の疾病治療への応用を視野に入れ、薬物治療の基盤を確立する科学であると定義される。薬物と生体の相互作用の結果生じた現象の解析には解剖学、生理学、生化学、分子生物学、遺伝学、機能形態学などの基礎医学の知識が要求される。解析に用いる手法や対象により薬理学は様々な分野に細分化される。

                                               

理学研究科

理学研究科 (りがくけんきゅうか、英称: The Graduate School of Science )は、日本の大学院研究科のうち、理学に関する高度な教育・研究を行う機構の1つである。

                                               

学士(理学)

学士(理学) (がくし りがく、 Bachelor of Science )は、学士の学位の一つ。理学領域の主な学士号の一つで上位の教育課程では修士(理学)や博士(理学)などの学位がある。旧学位制度では理学士と称した。

                                               

博士(理学)

博士(理学) (はくし〈りがく〉)は、博士の学位であり、理学(数学、物理学、化学、生物学、地学など)に関する専攻分野を修めることによって、日本で授与されるものである。 1991年(平成3年)以前の日本では、 理学博士 (りがくはくし)という博士の学位が授与されており、理学博士は、現在の「博士(理学)」とほぼ同じものである。理学博士は1887年(明治20年)制定の学位令において、文部大臣より授与される5種類の博士のうちの1つとして定められた。

                                               

京都大学大学院理学研究科・理学部

京都大学大学院理学研究科 (きょうとだいがくだいがくいんりがくけんきゅうか、英称:Graduate School of Science)は、京都大学大学院に設置される研究科の一つである。また、 京都大学理学部 (きょうとだいがくりがくぶ、英称:Faculty of Science)は、京都大学に設置される学部の一つである。