Топ-100
Back

ⓘ 地理学 - 人文地理学, 歴史地理学, 系統地理学, 言語地理学, 国際地理学連合, 集落地理学 ..




                                               

人文地理学

人文地理学 (じんぶんちりがく、じんもんちりがく、英語: human geography )は人文・社会現象を研究対象とする系統地理学の一部門であり、自然地理学とあわせて系統地理学を構成する。読みは、文化・文明の意味では「じんぶん」、天文や地文と対比して述べる場合は「じんもん」とするのが通例となっている。 経済から文化まで幅広い分野を取り扱うが、通常は各専門分野に派生し様々な諸分野に別れて研究されている。 ドイツ語圏では、伝統的にはAnthropogeografie-phieと、訳すと 人類地理学 と呼ばれるものが人文地理学に相応するものであるが、人文地理学に対する捉え方の歴史的な差異によるものであり、実際的にはほぼ同一のものをさす ...

                                               

歴史地理学

歴史地理学 (れきしちりがく、英語: historical geography )は、過去の環境・景観・地域・空間などを研究対象とする、地理学の一分野である。一般に地理学は空間を、歴史学は時間を軸とするものの、歴史地理学の研究では、時間・空間を同等に扱う。 歴史地理学では、過去の景観を復原し、その空間パターンを分析したり、過去の産業や交通のあり方を考察するなど、地理学の方法論を歴史の分野に――または逆に――適用した学問である。かつては、こうした方法論は歴史学の一分野とも捉えられていたが、20世紀になってドイツやフランスなどで歴史的景観の変遷が地理学の一分野で盛んになり、それが世界中に広まった。1960年以降には、計量革命の ...

                                               

系統地理学

系統地理学 (けいとうちりがく)は、地理学を4つに大分類したうちの分類の一つで、地理学の根幹を成す部門である。ほかの3つは地誌学、地図学、地理学説史である。系統地理学はさらに自然地理学と人文地理学に細分類される。 一般地理学 とも呼ばれている。実際の地理学研究は大半はこれら系統地理学の中の各分野の研究となっている。隣接している各学問分野との連携も深く、その連携している分野を冠して命名されているケースが多い(例えば、 経済 学なら、 経済 地理学)。 系統地理学の顕在化は、19世紀のヨーロッパにおいて誕生した近代地理学が成立して以来である。それまでの各地の記述的な地理学から科学的な分野へと進化して、細分 ...

                                               

言語地理学

言語地理学 (げんごちりがく、英:linguistic geography)は、音声・文法要素・語彙などの地理的分布にもとづいて言語の変遷を考察する歴史言語学の一分野。 方言地理学 とも呼ぶ。

                                               

国際地理学連合

国際地理学連合 (こくさいちりがくれんごう、英語: International Geographical Union 、略称: IGU 、フランス語: Union Géographique Internationale 、略称: UGI )は、地理学に関する国際的な学会である。第1回 国際地理学会議 (こくさいちりがくかいぎ、International Geographical Congress、 IGC )は1871年にベルギーのアントウェルペンで開催された。その後、1922年にベルギー・ブリュッセルで開かれた大会で、恒久的な組織の設立が決定し、正式に発足した。 国際地理学連合は34の研究委員会(commission)と4つの特別委員会(task force)を有する。研究委員会の扱う課題は応用地理学、ジェンダー地理学、海洋地理学、景観分析 ...

                                               

集落地理学

集落地理学 (しゅうらくちりがく、英: settlement geography)は、集落という人間の居住形態が具現化したものを、分析・研究する人文地理学の一分野。集落の位置、大きさ、様態を分析・区分する事など行う。 居住地理学 とほぼ同義のものとして認識されている。 かつては、農村地理学も都市地理学もこの一分野として認識されていた。