Топ-100
Back

ⓘ 自然 - 自然, 自然法論, 自然哲学, 都道府県立自然公園, 自然崇拝, 自然地理学 ..




                                               

自然

自然 (しぜん、希: φύσις 羅: natura 英: nature )について解説する。

                                               

自然法論

自然法論 (しぜんほうろん、英: natural law theory 、独: Naturrechtslehre )は、広義においては、自然法に関する法学、政治学ないし倫理学上の諸学説の総称である。最広義においては、ギリシャ神話以来の、自然から何らかの規範を導き出そうとする考え方全般を意味するが、狭義においては、近世自然法論から法実証主義の台頭までの期間で論じられることが多い。

                                               

自然哲学

自然哲学 (しぜんてつがく、羅: philosophia naturalis )とは、自然の事象や生起についての体系的理解および理論的考察の総称であり、自然を総合的・統一的に解釈し説明しようとする形而上学である。 自然学 (羅: physica )と呼ばれた。自然、すなわちありとあらゆるものごとのnature(本性、自然 英・仏: nature 、独: Natur )に関する哲学である。しかし同時に人間の本性の分析を含むこともあり、神学、形而上学、心理学、道徳哲学をも含む。自然哲学の一面として、自然魔術(羅: magia naturalis )がある。自然哲学は、学問の各分野の間においても宇宙の様々な局面の間でも、事物が相互に結ばれているという感覚を特徴とする。 ...

                                               

都道府県立自然公園

都道府県立自然公園 (とどうふけんりつしぜんこうえん)とは、自然公園法およびそれに基づく都道府県の条例の規定に基づき、その都道府県を代表する優れた風景地について知事が指定する自然公園の一種である。環境大臣が指定する国立公園・国定公園とともに、自然環境の保護と快適で適正な利用を目的として設定されている。2012年(平成24年)6月1日現在、全国で315箇所、1.977.528haの都道府県立自然公園が指定されている。

                                               

自然崇拝

自然崇拝 (しぜんすうはい、英: nature worship 、 physiolatry )とは、自然物・自然現象を対象とする崇拝、もしくはそれらを神格化する信仰の総称。 「自然への崇拝」ではなく、「自然」という概念ができる以前の崇拝形態である。自然崇拝は世界各地に見られ、また各地の神話にも自然物・現象を神格化した神が登場することから、古くは普遍的であったと思われる。万物に宿る精霊を崇拝対象とするアニミズムとも関係が深く、その原初的な形とも捉えられる。しかし自然崇拝では精霊でなく自然物・現象そのものを崇拝対象とする(自然と超自然的存在を区別しない)場合も多く、またしばしば特定の自然物・現象だけを尊重する点で区別される。

                                               

自然地理学

自然地理学 (しぜんちりがく、英語: physical geography )は、自然現象を取り扱う地理学の一部門であり、系統地理学の一部門として位置づけられる。地形、気候などの地球環境における自然現象を対象とする。