Топ-100
Back

ⓘ 水産学 - 水産学, 博士(水産学), 北海道大学大学院水産科学研究院・大学院水産科学院・水産学部, 水産学部, 函館高等水産学校, 水産・環境科学総合研究科 ..




                                               

水産学

水産学 (すいさんがく、英語:fisheries science)とは、魚介類を中心とする水生生物について、増殖、漁獲、加工、流通まで水産業全体を研究する学問体系である。日本においては、水産業の中心を海洋が占めているために海洋学と混同される場合もあるが、産業への応用を目指す視点や漁獲および加工技術を含むことから異なる学問体系を取っている。 食糧生産を目標とする学問として農学の知識を応用する場合も多く見られるが、一次生産が漁獲という狩猟的な手段を中心としているため、資源管理という特有の体系を有する。また、畜産と比較して生産物が画一になりにくいため、加工および流通にも特有の面が見られる。

                                               

博士(水産学)

博士(水産学) (はくし すいさんがく)は、博士の学位であり、水産学(海洋、商船など)に関する専攻分野を修めることによって、日本で授与されるものである。 1991年以前の日本では、 水産学博士 (すいさんがくはくし)という博士の学位が授与されており、水産学博士は、現在の「博士(水産学)」とほぼ同じものである。水産学博士は、1956年に学位規則で定められた17種類の博士のうちの1つである。

                                               

北海道大学大学院水産科学研究院・大学院水産科学院・水産学部

北海道大学大学院水産科学研究院 (ほっかいどうだいがくだいがくいんすいさんかがくけんきゅういん、英称:Faculty of Fisheries Sciences)及び 北海道大学大学院水産科学院 (ほっかいどうだいがくだいがくいんすいさんかがくいん、英称:Graduate School of Fisheries Sciences)は、北海道大学大学院に設置される研究科以外の組織の一つである。また、 北海道大学水産学部 (ほっかいどうだいがくすいさんがくぶ、英称:School of Fisheries Sciences)は、北海道大学に設置される学部の一つである。

                                               

水産学部

水産学部 (すいさんがくぶ Faculty of Fisheries)とは、魚介類を中心とする水棲生物について、増殖、漁獲、加工、流通まで水産業全体を研究する学問体系を学ぶ学部である。

                                               

函館高等水産学校

函館高等水産学校 (はこだてこうとうすいさんがっこう) は、北海道帝国大学附属水産専門部を前身として、1935年 (昭和10年) に設立された官立の旧制専門学校 (実業専門学校)。略称は 「 函館高水 」。 札幌農学校水産学科 を起源とし、現在の北海道大学水産学部に当たる教育機関である。札幌農学校の一学科として誕生した北海道大学水産学部の沿革の中で、当校が設置されていた時代は北海道帝国大学とは別の教育機関として独立していた変革期にあたる。本項では、北海道帝国大学から分離独立する前の諸機関及び北海道大学復帰後の歴史を含めて記述する。

                                               

水産・環境科学総合研究科

水産学研究科 (すいさんがくけんきゅうか、英称: The Graduate School of Fisheries )は、日本の大学院の研究科のうち、水産学の高度な教育研究を行う機構の1つである。