Топ-100
Back

ⓘ 宗教学 - 宗教学, 宗教学者, 比較宗教学, 宗教地理学, 日本宗教学会, 新宗教 ..




                                               

宗教学

宗教学 (しゅうきょうがく、英語: Religious studies )は、経験科学の様々な手法を用いて宗教を研究する学際的な学問である。ドイツ語圏では" Religionswissenschaft ”、オランダ語では" godsdienstwetenschap ”、英語圏の国々においては、 "science of religion" 、または "history of religions" という名称の下に近代の大学制度に成立するが、近年は "religious studies" 、 "study of religion" が用いられることが多い。 もともとは神学の一部であったが独立し、キリスト教の神学以外の分野を対象とするかたちで、民俗宗教から新宗教まで、幅広く研究する学問分野である。現在では研究手法により、宗教社会学・比較宗教学・宗教心理学 ...

                                               

宗教学者

宗教学者 (しゅうきょうがくしゃ)とは、宗教学を専攻する研究者である。

                                               

比較宗教学

比較宗教学 (ひかくしゅうきょうがく、英: comparative religion )とは、宗教学の分野で神話、儀式、概念の類似点と相違点を相対的に比較しようとする。 比較宗教学の観点では世界宗教をアブラハムの宗教、インド宗教(Dharmic、en:Indian religionsも参照)、東アジア宗教(Taoic、en:East Asian religionsも参照)の三つに分類し、他の分野も比較する。

                                               

宗教地理学

宗教地理学 (しゅうきょうちりがく、英語: geography of religion )は、宗教を取り扱う人文地理学の一分野である。宗教を文化の一部として、宗教地理学を文化地理学の一分野とみることも可能である。 宗教が果たす役割でもある世界観についての各地域ごと差異の研究や聖書などの聖典の地理的な記述の分析など宗教学の一分野をさす事もあるが、通常地理学では、宗教の持つ社会的役割に着目し宗教と国家、文化、社会、景観などの関係性を探る分野である。一般的にも、宗教地理学といった場合後者をさす事がほとんどである。 具体的には、宗教の地理的分布、宗教におけるタブーとされる行為の地域性の考察、宗教が社会階層、人口政策、政治紛 ...

                                               

日本宗教学会

日本宗教学会 (にほんしゅうきょうがっかい、英語: Japanese Association for Religious Studies )は1930年に設立された日本の哲学系の学会。日本哲学系諸学会連合を構成する日本の大規模な哲学系6学会の1つで、会員は1600人以上とされる。日本宗教研究諸学会連合の運営委員を選出する5学会の1つ。日本学術会議協力学術研究団体のひとつ。International Association for the History of Religions 会員。東京都文京区に事務局を置く。

                                               

新宗教

新宗教 (しんしゅうきょう、英: New religious movement )とは、伝統宗教と比べて比較的成立時期が新しい宗教のこと。国ごとに言葉の意味や捉え方が異なる。 新興宗教 (しんこうしゅうきょう)とも呼ばれる。 日本では、幕末・明治維新による近代化以後から近年(明治以降)にかけて創始された比較的新しい宗教のことをいうが、江戸時代に起源をもつところもあり、それなりの歴史と伝統を確立している団体も多い。 実に多種多様な団体を包括した用語であり、伝統宗教と比べて比較的新しいというだけで、すべての団体にあてはまる概念、背景等の共通点は、成立時期のほかには存在しない。 2000年代以後の現在、日本において一定規模で持続 ...