Топ-100
Back

ⓘ 科学 - 科学, 疑似科学, 科学史, 科学館, 自然科学, 生命科学 ..




                                               

科学

科学 ( かがく 、 ( 羅: scientia 、英: science 、仏: science 、独: Wissenschaft )という語は文脈に応じて多様な意味をもつが、おおむね以下のような意味で用いられている。 (広義)体系化された知識や経験の総称であり、形式科学、自然科学、社会科学の総称。 (最狭義)自然科学。 (狭義)科学的方法に基づく学術的な知識、学問。

                                               

疑似科学

疑似科学 (ぎじかがく、英: pseudoscience 、英: pseudo-science )とは、表面だけの科学や、誤った科学のことであり、科学的方法に基づいていると誤って考えられたり、あるいは科学的事実だと(間違って)位置付けられた、一連の信念のことである。

                                               

科学史

科学史 (かがくし、英語:history of science)とは、科学の歴史的変化や過程を研究する学問分野である。これを専攻する学者は 科学史家 と呼ばれる。

                                               

科学館

科学館 (かがくかん)とは、自然科学に関連する展示を行う博物館である。 例えば、蒸気機関のしくみや、力学のモデル、化学物質の分子模型などを展示しているものもあれば、交通、通信、鉄道、産業技術に特化した科学館もあるし、子供のための理科、科学教育を主とするものも造られている。また、定期的に科学イベントも行われたりもする。

                                               

自然科学

自然科学 ( しぜんかがく 、 ( 英: natural science )とは 自然における観測可能な対象やプロセスに関する科学あるいは知識のこと。例えば、生物学や物理学など。数学のような抽象的知識(抽象に関する知識)や、哲学のような理論的知識とは区別して用いられる用法。 自然に属するもろもろの対象を取り扱い、その法則性を明らかにする学問。

                                               

生命科学

生命科学 (せいめいかがく、英: life science )は、 生命を研究対象とする学問のことである。自然科学(natural science)の中で、物理科学(physical science)と対をなす。広義には、応用分野も含む。