Топ-100
Back

ⓘ 御厨貴文. 御厨 貴文 (みくりや たかふみ、1984年5月11日 - )は、長崎県長崎市出身の元サッカー選手、サッカー審判員。 ..




                                     

ⓘ 御厨貴文

御厨 貴文 (みくりや たかふみ、1984年5月11日 - )は、長崎県長崎市出身の元サッカー選手、サッカー審判員。

                                     

1. 来歴

大阪体育大学2年時および3年時に関西学生選抜に選出された。2007年にヴァンフォーレ甲府に加入。

2010年、ザスパ草津(現:ザスパクサツ群馬)へ完全移籍、2012年シーズンからはキャプテンに指名された。草津在籍中の出場数はちょうど100試合を記録した。

2013年、カターレ富山へ完全移籍、2014年シーズンはキャプテンに指名されたが、チームは最下位に終わる。

その年のオフ、手術した右足首の状態や年齢を考慮し今後の選択肢を決めるべく様々な話を聞く中、面識のあった国際副審の名木利幸の「まだJリーガーからプロのレフェリーになった人は誰もいません。そして、それは求められています」という言葉にピンときて、プロフェッショナルレフェリーを目指すことを決意。富山とは複数年契約が残っていたが、2015年1月に富山との契約を満了とし、複数のクラブからのオファーを断って現役を引退した。

富山を退団後、「(審判になるつもり)だったらウチの入社試験を受けてみたらどうか」と誘われた、Jクラブ関連の仕事を手がけていた山愛に入社。キャリアサポート事業部の一員として平日はJリーグ選手へのキャリアサポートを行い、週末は審判の活動を行うという生活を送っている。

2015年末に3級審判員の資格を取得。2016年10月の2級審判員試験に合格、2019年には第一種(社会人等)の審判ができる1級審判員の資格を得た。

2019年11月10日の2020明治安田生命J3リーグ第30節・福島ユナイテッドFC対カマタマーレ讃岐戦(とうほう・みんなのスタジアム)でJリーグ公式戦の主審を務め(他にJ3の副審を13試合担当)、2020年シーズンは正式にJリーグ担当審判員(主審)として試合の割り当てが行われることが発表された。

                                     

2. 人物

  • マンガ好きである。
  • 少年時代には剣道にも勤しんでいたらしく、姿勢が良い。
  • 人見知りである。
                                     

3. 所属クラブ

ユース経歴
  • 1996年 - 1997年 長崎YMCASC
  • 2000年 - 2002年 長崎海星高校
  • 1997年 - 1999年 長崎市立土井首中学校
  • 2003年 - 2006年 大阪体育大学
  • 1993年 - 1996年 南陽SC
プロ経歴
  • 2007年 - 2009年 ヴァンフォーレ甲府
  • 2013年 - 2014年 カターレ富山
  • 2010年 - 2012年 ザスパ草津
                                     

4. 個人成績

  • Jリーグ初出場 - 2008年8月16日 J2 第31節 vsサンフレッチェ広島F.C 小瀬
後半22分から途中出場
  • J2 100試合出場 - 2012年7月8日 J2 第23節 vs大分トリニータ 正田スタ
  • Jリーグ初得点 - 2010年6月13日 J2 第17節 vs水戸ホーリーホック Ksスタ
                                     

5. 関連項目

  • カターレ富山の選手一覧
  • ザスパクサツ群馬の選手一覧
  • 大坪博和 - 元Jリーガー(2006年に愛媛FCに所属)として初のJリーグ審判員(2014年~)
  • ヴァンフォーレ甲府の選手一覧