Топ-100
Back

ⓘ 御子柴進. 御子柴 進 (みこしば すすむ、1964年6月29日 - )は、長野県塩尻市出身の元プロ野球選手(投手)・コーチ、野球解説者。現在は、阪神タイガースでスコアラーを ..




                                     

ⓘ 御子柴進

御子柴 進 (みこしば すすむ、1964年6月29日 - )は、長野県塩尻市出身の元プロ野球選手(投手)・コーチ、野球解説者。現在は、阪神タイガースでスコアラーを務めている。

                                     

1.1. 経歴 プロ入り前

長野県松本工業高等学校2年時の1981年に秋季北信越大会1回戦で高岡第一高等学校に惜敗したことがきっかけで、3年時の1982年に、小林繁のような投球フォーム(アンダースローに近いサイドスロー)を会得。1学年後輩の丑山努とバッテリーを組んでいた。

在学中は甲子園球場の全国大会と無縁であったが、1982年のNPBドラフト会議で、同球場を本拠地に使用する阪神タイガースから4位で指名されたことを機に入団。当時のエースだった小林に憧れていたため、入団に悩むことはなかったという。

                                     

1.2. 経歴 プロ入り後

1983年には、高卒1年目ながら、9月29日の対横浜大洋ホエールズ戦(横浜スタジアム)に救援投手として一軍公式戦へデビュー。チームのレギュラーシーズン最終戦であった10月24日の対ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)で先発を初めて任されると、投げては初勝利、打っては初打点を記録した。ちなみに、小林はこの年限りで現役を引退している。

1984年には、5月4日の打撃練習中に、フリーバッティングの打球が頭部に直撃。その影響で入院生活を余儀なくされたため、一軍公式戦での登板が2試合にとどまった。

1985年には、夏場から血行障害に悩まされた。一軍はセントラル・リーグ(セ・リーグ)21年振りの優勝を経て初めての日本シリーズ制覇を果たしたが、自身は一軍公式戦で4試合の登板に終わった。

1986年には、一軍公式戦14試合に登板。白星は付かなかったものの、防御率を1.89にとどめるなど好投を続けた。

1987年には、一軍公式戦で42試合に登板。8月29日の対中日ドラゴンズ戦(甲子園)で初セーブを挙げるなど、主に中継ぎで登板を重ねた。

1988年には、一軍公式戦33試合に登板。5月8日の対ヤクルト戦(甲子園)に救援で登板すると、5年振りの勝利を挙げた。同月24日に甲子園球場で催されたこのカードでは、5回表からのロングリリーフで2勝目を挙げるとともに、一軍公式戦で初めて安打を放った。さらに、先発で11試合に登板。8月5日の対中日戦(ナゴヤ球場)で、一軍公式戦における初完投勝利を挙げた。この試合では、シーズン途中に入団したルパート・ジョーンズが一軍公式戦初本塁打を放つなど打線が大量点で御子柴を援護したほか、自身も決勝の二塁打を放ったことによって2打点と勝利打点1を記録している。また、7月9日の対大洋戦(福島県営あづま球場)では敗戦投手になったものの、二塁打で2打点を挙げた。

1989年には、一軍公式戦29試合の登板で2勝4敗をマーク。6月29日の対中日戦(ナゴヤ)に先発すると、1 - 0というスコアで一軍公式戦で初めての完封勝利を記録した。

1990年には、一軍公式戦15試合の登板で、ヤクルトから1勝を挙げただけにとどまった。

1991年には、一軍公式戦9試合に登板する一方で、打者として5打数3安打をマーク。ヤクルト戦では、前年に続いてシーズン唯一の白星を挙げたほか、8月29日に神宮球場で2安打を放った。

1992年には、一軍がヤクルトを相手にリーグ優勝を争っていたレギュラーシーズンの終盤に、ロングリリーフでチームの勝利に貢献した。ベンチに入っていた9月13日のヤクルト戦(甲子園)では、4回裏に真弓明信(2番手投手として登板していた9番打者・葛西稔の代打)が安打(適時打)で出塁したことを受けて、監督の中村勝広から真弓の代走に起用。そのまま5回表から2イニングを投げると、ヤクルト打線を無安打無失点に抑えた。その一方で、10月7日に神宮球場で組まれたヤクルトとの直接対決では、クローザーへの起用を視野にブルペンで待機。本来のクローザーである田村勤が故障で離脱していたことに伴う措置で、当時救援の経験がほとんどなかった先発要員の湯舟敏郎と共に待機していたが、終盤に迎えた満塁のピンチで中村は湯舟を登板させた。しかし、湯舟が押し出し四球を与えたことによってチームは逆転負け。この敗戦を境に失速したあげく、1985年以来の優勝を逃した。

1993年には、一軍公式戦で自己最多の44試合登板と6勝をマーク。6月10日の対中日戦(甲子園)では6年振り(現役最後)のセーブを挙げる一方で、10月12日の対横浜戦(甲子園)では先発で8回無失点と好投した末に勝利投手になるなど、先発・救援の双方でチームを支えた。

1994年には、一軍公式戦23試合の登板で4勝7敗をマーク。6月19日の対横浜戦(甲子園)で現役最後の安打、8月19日の対中日戦(ナゴヤ)で現役最後の勝利を記録した。

1995年を境に、一軍公式戦での登板機会が大幅に減少。同年には、二軍のウエスタン・リーグで最終規定投球回に到達すると、7勝を挙げるとともに、リーグ5位の防御率2.71を記録した。しかし、1996年には、入団後初めて一軍での出番がなかった。

1997年には、一軍公式戦で2試合に登板していたが、レギュラーシーズン終盤の10月3日に戦力外通告。チームのシーズン最終戦であった同月12日の対横浜戦(甲子園)での登板を最後に、現役を引退した。

                                     

1.3. 経歴 現役引退後

阪神に残留したまま、1998年から二軍の育成コーチを担当。星野仙一が阪神の一軍監督へ就任した2002年に二軍投手コーチを務めたものの、星野の主導によるチーム体制の刷新に伴って、同年限りで退団した。

2003年には、CS放送の阪神戦中継で解説を担当。星野が率いるチームが18年振りのリーグ優勝を達成するまでの戦い振りを、球団の外から見届けた。

2004年には、岡田彰布が星野から一軍監督の座を引き継いだことに伴って、阪神に球団職員として復帰。岡田が2008年限りで監督を退任するまで、監督付広報として岡田に仕えた。

岡田に代わって真弓が一軍監督へ就任した2009年から、セ・リーグ他球団への先乗りスコアラーに転身。2018年までヤクルト、2019年・2020年には横浜DeNAベイスターズ、2021年から広島東洋カープを担当している。

                                     

2. プロ野球選手としての特徴

長いリーチを生かしながら全身をバネのように使う投球フォームや、プロ野球選手としては細身の体型が小林繁に似ていたことから、「小林二世」の異名を取った。

プロでは阪神一筋で、入団1年目から現役を引退するまで、一貫して背番号 56 を着用。ストレートは速くなかったものの、一軍公式戦では中日・ヤクルト打線に強かった。2年目と3年目には怪我や血行障害に見舞われたが、1980年代の後半から1990年代の前半までは、「先発も救援もこなせる変則右腕」として歴代の首脳陣に重宝されていた。

                                     

3. 人物・家族

森田まさのり(阪神ファンの漫画家)の代表作である『ROOKIES』(二子玉川学園高校の硬式野球部を舞台に設定した野球漫画)では、阪神へ実際に在籍していた選手の苗字を部員に付けているが、「 御子柴 」という苗字も優等生風の部員(御子柴徹)に使われている。

阪神の投手時代に授かった長男は、広島県の広陵高等学校へ進学すると、硬式野球部で中堅手としてレギュラーに定着。3年時の2010年に第82回選抜高等学校野球大会へ出場したことによって、親子2代にわたる甲子園球場でのプレーが実現した。

                                     

4.1. 詳細情報 記録

初記録 投手記録
  • 初先発登板:初勝利・初先発勝利:1983年10月24日、対ヤクルトスワローズ25回戦(阪神甲子園球場)、6回1失点
  • 初登板:1983年9月29日、対横浜大洋ホエールズ23回戦(横浜スタジアム)、7回裏に4番手で救援登板、1回無失点
  • 初完投勝利:1988年8月5日、対中日ドラゴンズ15回戦(ナゴヤ球場)、9回3失点
  • 初完封勝利:1989年6月29日、対中日ドラゴンズ10回戦(ナゴヤ球場)、9回無失点
  • 初セーブ:1987年8月29日、対中日ドラゴンズ21回戦(阪神甲子園球場)、9回表に3番手で救援登板、2/3回無失点
                                     

4.2. 詳細情報 背番号

  • 56 (1983年 - 1997年)
  • 84 (1998年 - 2002年)
                                     

5. 外部リンク

  • 個人年度別成績 御子柴進 - NPB.jp 日本野球機構
  • 選手の各国通算成績 Baseball-Reference Japan